Wind Tribe Story

bashlinx.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Rise Up

a0059621_21482177.jpg

In the Forest, I took deep breath, like taking the energy of forest into my body
森の中 森のエネルギーを取り込むように深呼吸をする
Taking the Wild power, revived my sleeper of wildness
野生の力を取り込み、眠っている野生を呼び起こす
Wake up my spirit for connecting to the Great Oneness .
我が魂よ、起きなさい 偉大なるワンネスに繋がる為に 

Today's BGM
[PR]
by bashlinx | 2010-05-30 22:55 | In the Forest | Trackback | Comments(8)

Heavenly...

a0059621_21473481.jpg

ここは渓谷が狭いため 上流から風が吹いてくると面白い音がする 
遠くから風の音が聴こえ、渓谷を通って その音が目の前に広がり 過ぎ去っていく
風の流れが見える 自分の周りで対流が起こり 渦をつくる 
腕の下に皮膜でもあれば飛べるんじゃないかと思ってしまう
キセキレイたちが飛び回り イタチがこっちを見ている 
青色をしたハンミョウが一斉に飛び上がる
ここには楽園のような世界が広がっていた
[PR]
by bashlinx | 2010-05-27 22:04 | In the Forest | Trackback | Comments(12)

Invisible...

a0059621_14511055.jpg

From the Beyond, From the Shadow, From the light,
Even though you can't see it,
The Spirit observe you
彼方から 影から 光から
例え見ることができなくても
聖なるものはあなたを見ている

Today's BGM
[PR]
by bashlinx | 2010-05-23 15:16 | | Trackback | Comments(12)

Rubaiyat

a0059621_23174726.jpg

And when Yourself with silver Foot shall pass
Among the Guests Star-scatter'd on the Grass,
And in your joyous errand reach the spot
Where I made One - turn down an empty Glass
しろがねの足をもて、草の上に、
星敷けるまらうどの間を行く時
よろこびの使いにはわれの占めたる
席に着き ー うつろなる蓋ふせよ

ルバイヤート  「4行詩」の意 
                   ペルシャを代表する大詩人オムル・ハイヤームの詩
                   英訳:エドワード・フィッツジェラルド
                   邦訳:竹友 藻風

Today's BGM
[PR]
by bashlinx | 2010-05-20 23:42 | In the Forest | Trackback | Comments(8)

Wind Dance

a0059621_2363367.jpg

Rise up into the sky. Free your mind
Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D + IR filter
Today's BGM
Terence Trent D'Arby - dance little sister (High Quality)

[PR]
by bashlinx | 2010-05-18 23:24 | スナップ | Trackback | Comments(31)

Dance with Wild Flowers

a0059621_00889.jpg
a0059621_00227.jpg
a0059621_011918.jpg
a0059621_013388.jpg

[PR]
by bashlinx | 2010-05-17 00:04 | 百花繚乱 | Trackback | Comments(12)

River runs through it

a0059621_2016377.jpg

The best is like water.
Water is good; it benefits all things and does not compete with them.
It dwells in lowly places that all disdain.
Words from Lao Tzu
We should be like water.
Water is stronger than the rocks even though water dwells lower place than everything.
Words from Lakota
水のようにあれ 
全てのものに恵みを与え、誰とも争わない
人の嫌がる所にも流れこんでいく
老子の言葉
水のようにあれ
すべてのものよりも低い所を流れていても 水は岩より強い
ラコタの言葉
[PR]
by bashlinx | 2010-05-15 20:43 | In the Forest | Trackback | Comments(14)

Dive into the Deep forest

a0059621_23442081.jpg

In front of me, The Gate of Infinite opens up...
目の前に無限への入口が広がる・・・
[PR]
by bashlinx | 2010-05-13 23:59 | | Trackback | Comments(8)

The Spirit of Forest

a0059621_22373463.jpg

Shh! Their voice is like a whisper in the wind. But Absolutely strong.
a0059621_22412872.jpg

In the silence, The Elder of this forest began to talk.
[PR]
by bashlinx | 2010-05-12 22:46 | In the Forest | Trackback | Comments(24)

Landschaft V

a0059621_22483936.jpg

素晴らしい写真展です ぜひご高覧ください
以下池内さんの紹介文を転用します
■展覧会名:Landschaft V
■出展作家:川久保ジョイ、高田安規子&政子、吉岡さとる
■会期:2010年5月8日(土) - 29日(土)
☆日・月・祝日休廊 
■営業時間:11:00-19:00
■会場:ラディウム - レントゲンヴェルケ
■住所:東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17
■tel/fax:03-3662-2666
■website:http://www.roentgenwerke.com


「ラントシャフト」は、弊社が六本木コンプレックス時代から連続して開催している、風景をテーマとしたグループ展です。2008年に開催された内海聖史、桑島秀樹らの「IV」より、2年ぶりの開催です。この展覧会は、単なる風景画を集め並べたタイプの風景展とは異なり、作家が見ている風景の先に生み出される作品、またそれを介して風景を味わっていただくという目論見のもと、企画されています。そこにみる風景は我々の日常の風景をより研ぎすまされたものかもしれません。
これまでも「ラントシャフト」では長塚秀人や忽那光一郎といった、優れた風景写真のアーティストをフィーチャーしてきましたが、今回は出展の3組が全員写 真作品を発表します。
また、いずれのアーティストも何がしかの形で欧州との関係性の中で制作している、という共通項を持っています。

スペインに生まれ、金融ディーラーという異色の経歴をもつ、川久保ジョイ。タグボートアワードの常連作家です。ラディウムでは初めての展示です。現実性を維持しながら、ちょっと集中すると、内側に引きずり込まれてしまうような独特の幻想的な風景を作り出す彼の写真は、フレームがまるで別の次元への窓となっているかのような感覚をおぼえます。
通常のタテヨコ比のカラー写真がなじみ深い彼の作品群ですが、「ラントシャフト」では密かに撮りためていたモノクロのパノラマサイズの作品を発表します。 同時期に新宿眼科画廊でもグループ展に参加する事が予定されています。

地図や切手といった、なじみ深い印刷物に精緻な細工を施し、昨年の「メークリヒカイト」でレントゲンデビュー、作品も完売となった高田安規子・政子。世田谷美術館内のギャラリーでの堂々とした展示や、メークリヒカイト後、急遽決定した水戸芸術館におけるクリテリオムにおいても、優れた作品を発表しました。
彼女達の写真作品はあまり知られていませんが、イギリス滞在中に制作されたいくつかの作品は、かつてギャラリーサイド2のグループ展にも展示がなされました。日常の中では意識できない隠された風景の露呈ともいうべき彼女達の独特のウィットがこめられたこのシリーズは、クスッと笑ってしまっても、そこにちょっと背中が寒くなるような背中合わせの感覚を持ち合わせています。

レントゲンでのデビューとなるもう一人の写真家、吉岡さとる。徹底して研究施設をモチーフに、インダストリアルな風景を切り出すアーティストです。映画化 もなされたダン・ブラウンのベストセラー小説「天使と悪魔」の舞台ともなったスイスのCERNの最深部にまで入り込んだシリーズでは、
ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・フォトグラフィー誌の2008年度ベスト科学写真家に選ばれました。
彼の軽々としたフットワークを示すようなフレーミングは、研究施設の持つクールな表面に隠れた荒々しさや、実はメカニズムがその裏にそっと隠している温か みといったようなものを引きずり出してきます。先般長期滞在していたニューヨークより帰国、現在は高知をベースに制作活動をしています。

「ラントシャフト」の目論見通り、独特の視点の先にある独特の風景が三者三様に切り出される、ユニークな写真展となることでしょう。是非、ご期待下さい。
皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げております。
[PR]
by bashlinx | 2010-05-09 22:50 | Information | Trackback

風の部族の物語


by Bash
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31