Wind Tribe Story

bashlinx.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:夢見人の戯言( 80 )

小寒

a0059621_18554842.jpg
明日で小寒 第67候芹盛んに育つを迎える
昨年の23日に父が逝去した
このバラは父が最後に摘んだバラ 最後まで父らしい
父の背中を追いかけ続けたものの結局超えられなかった
そうだな あなたに褒められたくてがむしゃらに進んできたのかもしれない
妻と子供に会わせたとき 言葉にしなかったがやっと褒められた気がした
しても父の知識量、哲学には全くかなわなかった 
あぁ凧の糸が切れたみたいな気分だ
次に会うとき あなたに褒められるよう頑張ろうと思う
その時は言葉で褒めて欲しいものだ
親父お疲れさま そしてありがとう


[PR]
by bashlinx | 2017-01-04 19:03 | 夢見人の戯言

七夕

a0059621_19011138.jpg
a0059621_19010450.jpg
星に願いを
最近お気に入りのモーガンフリーマンが司会をしている「時空を超えて」と言う番組がある
その中で宇宙の話があり「ビックバウンス説」を聴いた
宇宙は膨張と収縮を繰り返すと言うループ量子重力理論だ
宇宙は収縮し特異点になる前にニュートリノの斥力によりまた膨張をし始める
そう まるで心臓のようだ
そう考えると我々はとても巨大な人の中で生きている細胞なのかもしれない
まえに顔本であげた太陽系の動きを紹介した動画を見ると
太陽系はまるでDNAの動きを見ているようだった
七夕の日に宇宙を考察してみるのも悪くない

撮影地:宮古島


More
[PR]
by bashlinx | 2016-07-07 19:24 | 夢見人の戯言 | Trackback | Comments(7)

Trace of Summer

a0059621_20190338.jpg
明日で秋分を迎え、水曜日から長月に入る
夜長月に入る前に思うこと
いま世間ではデング熱で大騒ぎになっている 遺伝子操作による蚊の子孫を残せない種を生み出し野生に放ち、蚊を撲滅させるという荒療治まで出てきている しかし蚊を全滅させるとそれを補食していたものも危機にさらされ、蚊を天敵にしてたものが増える 自然界の輪を人間の都合だけで壊すと取り返しのつかないことになる 当然マラリアやデングウイルスだって馬鹿ではない 変種を作り出し、生存を計り始める そうなった時のリスクの方が恐ろしいような気がするのだが・・・昔日本にはオオカミがいた 明治時代には完全に駆逐され、日本からは姿を消していった その結果鹿などオオカミの補食対象だった生物たちが増え、農作物に害を及ぼし、今度は鹿の個体数を減らそうなどと言っている 人間の都合だけで自然界の法則を変えようなどとするのはおこがましい こんなことばかり続けているとそのうち人間を駆逐するものが発生するのかもしれないね 
おきてがみ

[PR]
by bashlinx | 2014-09-22 20:37 | 夢見人の戯言 | Trackback | Comments(6)

終戦記念日

a0059621_22435101.jpg
1945年8月15日正午昭和天皇より大東亜戦争終結ノ詔書(所謂玉音放送)が発せられ
終戦を迎える 
終戦を迎えた人々はやがて憲法第9条を詠う
  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する
  2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

終戦記念日、もう1度第9条をよく考えてみましょう そして今の政府が何をしようとしているのか どこへ向かおうとしているのか見定めましょう
私には今の日本は太平洋戦争前の日本に戻ってしまうのではないかとすら思えてならないのです
おきてがみ


[PR]
by bashlinx | 2014-08-15 22:57 | 夢見人の戯言 | Trackback | Comments(2)

骨髄ドナー

a0059621_1228339.jpg

それはA4サイズの封筒から始まった ちょうど骨髄バンクに住所変更をかけたところだったのでその件かと思ったらドナーに選ばれた通知だった HLAが適合するのは数万分の1とか聞いた事があったのでまさに青天の霹靂 まぁ後で知った事なのだがドナー登録者があたる確率というのは40人に1人ぐらいの確率らしい
そこからが大変だ 電話でコーディネーターとやり取りをし 意思確認を取られてから1回目の健康診断 財団基準が通常の健康診断より値がシビアになっているらしい それをパスすると今度は弁護士を通しての家族を含めた意思確認がとられる その後に最終の健康診断があり、2回自己血採取をする 骨髄を取るといったって取られるのは血 その取られた分自分の血で輸血するのだ 相手の患者さん次第でこの取る量は変わるのだが 私の相手はすこし上のほぼ同体格の男性 800cc自己血を取った さすがに2回目の採取の後は微妙に身体がきつかった 何が1番大変かと言えば体調管理 風邪すらひけない 最終の医師に会うまでは薬もなるべくなら飲まないでくださいといわれたくらい そして私は花粉症・・・結局主治医に確認したらそれぐらいの薬ぐらいなら問題ないとのことで一安心はしたのだが・・・
a0059621_2012637.jpg

そしていよいよ入院 まぁ健康体の人間が入るんだから退屈極まりない しかし驚いたのは麻酔の進歩だった 昔単車で事故ったとき覚醒しても身体が動かなかったのが 今回全身麻酔して覚醒したとき身体で動かなかった部分が無かった 頭が重かったぐらい 手術といっても腸骨に注射針をさして採取するだけだからそんなに身体への負担も少ない 何が嫌って尿道カテーテル突っ込まれるのが嫌なくらい まぁこれは女性にはわからないらしい・・・後は寝過ぎで腰が痛くなるぐらいだった^^;

最終的に休まなければいけないのは通して最低11日間 私はまだ休めたから良いものの、普通の社会人が休むにはかなりつらい これは社会的バックアップをもっとしっかり打ち立てないとドナーが増えても実際踏み込める人は少なくなってしまうのではないか 骨髄移植に対する国のバックアップを確立すべきだろう 会社に対して国から補助をだすとかね 言うだけいって保証しない厚労省も相変わらず役立たずだなとも思う 役人というのは机上の空論でしか話さないから世間一般とずれているというのを認識してほしいものだ
後は相手の患者さん次第 願わくば全快されますように

最後に同意してくれた妻に感謝
[PR]
by bashlinx | 2013-04-14 22:07 | 夢見人の戯言 | Trackback | Comments(20)

Novopangea

a0059621_21305019.jpg

ノヴァパンゲア(エール大はアメイジアと呼ぶ アメリカ人らしいな・・・・)とは約2億年後に全ての大陸が合体し超大陸を形成するというもの この度エール大がネイチャーに発表したところによると北極付近に形成される可能性があるそうだ  その時人類が生存しているのかどうかはわからないが見てみたいものだ 生き残れてたとしたら国や宗教、人種の垣根を取り払った世界だと素晴らしいだろうね 
写真はたらの芽に隠れてた虫・・・・何かはわかりませぬ・・・・クツワムシ・・・・じゃないよね^^;
[PR]
by bashlinx | 2012-02-16 21:54 | 夢見人の戯言 | Trackback | Comments(6)

Here Now

a0059621_2057565.jpg

今ここにある 過去の全てを財産とし、未来を憂えず、今ここに生きる
それを「中今」という
人は走り続けることはできない 1度立ち止まって大地にしっかりグランディングをし
自分の居場所を確認して、また新たに歩み始めることも大切なんじゃないかなぁ
2/2水曜日 大晦(おおつごもり)を迎え 2/3に睦月が新月と共に始まる
季節は緩やかに春へと徐々にシフトしていく 
第一候 東風 氷を解かす
今日横須賀では雪が降った 古人は空から降る雪を花と呼び 土地の精霊が降らせる豊作の前兆とみていたらしい 風が吹き 空から花が舞い降る 風花で始まった今 水曜日にはこの1年を振り返り 木曜日には新たな1年が始まる 良き1年を迎えれますように
[PR]
by bashlinx | 2011-01-30 21:19 | 夢見人の戯言 | Trackback | Comments(8)

ガイア理論

a0059621_17171886.jpg

ガイア仮説もしくはガイア理論とは 地球そのものを一つの生命体として見る考え方である
この考え方には完全に賛同する 我々は母なる地球の体内で生かされている  生物圏、大気圏、氷圏、水圏、岩石圏すべてが複雑に関連し合い、生かし合い、一つの生命体を構成している 例えば自分が地球の細胞の1つだとしたら、どうだろう? 人間は60兆個近い細胞で構成されているが、その細胞一つでも無駄なものはなく、複雑な相互関係によって「私」というものを作り上げている 僕たちは知らないだけで 実は体内では細胞が考えてたりしているのかもしれない (パラサイトイブみたいにある日突然ミトコンドリアが反乱するかも・・・?)
願わくば 人類が地球に癌細胞として駆除されないことを・・・
[PR]
by bashlinx | 2011-01-23 19:04 | 夢見人の戯言 | Trackback | Comments(14)

徒然なるままに・・・

a0059621_1792215.jpg

目の前の海に見えてなくても 海に魚がいることを知っている
If you don't see the fish in front of the sea, you know there is the fish in the sea.
例え今星が見えなくても 空に星が広がっているのを知っている
Even though you don't see the star in the sky, you know the star spread in the sky.
じゃぁ、見えないから、分からないからと言ってジャッジするのはどうなんだろうね?
So, why do you try to judge because you can't see or understand?

Today's BGM
[PR]
by bashlinx | 2011-01-10 17:49 | 夢見人の戯言 | Trackback | Comments(14)

もとの根に還る

a0059621_21293212.jpg

目に見えない大いなる流れを受け入れる
心を空にして受け入れる
この虚の心があってこそ見えてくるのは、何か
万物は、生まれ、育ち、活動するが、
やがて、もとの根に還ってゆく
それが見えてくるのだ

その行く先は、静けさ
その静けさこそ自然の本性
水の行く先は       海
草木の行く先は   大地
いずれも静かなところだ
すべてのものはその根に還る
自分の本性の行く先に戻るということは
静けさに還ること

それを知ることが知恵であり
知らずに騒ぐことが悩みや苦しみを生む
いずれはあの静けさに還るとなれば
心だって広くなるじゃないか
心が広くなれば
悠々とした態度になるじゃないか
そうなれば、時には
空を仰いで、天と話をする気になるじゃないか
その時には
自分の身の上でくよくよするなんて
ちょっと馬鹿らしく感じるよ

訳;加島 祥造  
「タオ」〜ヒア・ナウ〜 老師
PARCO出版

本年を終えるにあたってこの言葉を贈ります
良きお年を   
[PR]
by bashlinx | 2010-12-28 21:55 | 夢見人の戯言 | Trackback | Comments(18)

風の部族の物語


by Bash
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30