Wind Tribe Story

bashlinx.exblog.jp ブログトップ

Trace of Summer

a0059621_20190338.jpg
明日で秋分を迎え、水曜日から長月に入る
夜長月に入る前に思うこと
いま世間ではデング熱で大騒ぎになっている 遺伝子操作による蚊の子孫を残せない種を生み出し野生に放ち、蚊を撲滅させるという荒療治まで出てきている しかし蚊を全滅させるとそれを補食していたものも危機にさらされ、蚊を天敵にしてたものが増える 自然界の輪を人間の都合だけで壊すと取り返しのつかないことになる 当然マラリアやデングウイルスだって馬鹿ではない 変種を作り出し、生存を計り始める そうなった時のリスクの方が恐ろしいような気がするのだが・・・昔日本にはオオカミがいた 明治時代には完全に駆逐され、日本からは姿を消していった その結果鹿などオオカミの補食対象だった生物たちが増え、農作物に害を及ぼし、今度は鹿の個体数を減らそうなどと言っている 人間の都合だけで自然界の法則を変えようなどとするのはおこがましい こんなことばかり続けているとそのうち人間を駆逐するものが発生するのかもしれないね 
おきてがみ

[PR]
by bashlinx | 2014-09-22 20:37 | 夢見人の戯言 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bashlinx.exblog.jp/tb/20220307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by PiyoPiyo at 2014-09-22 22:38 x
Bashさん
自然界のお蔭で、私たちが生きられているのにね。
世界中の国家元首にも、ここを原点に考えて欲しいと思います。
Commented by bashlinx at 2014-09-23 12:17
目先の利潤にしか目がいってないですから困ったものです・・・
Commented by suzu-clair at 2014-09-27 15:41
私も同じことを思っていました。
蚊を撲滅させる荒療治・・・
そんなことまでしているのですね・・・。

今年の夏は、異常気象をとくに感じましたが、
人間が自然を壊している結果が
こうしたことにつながっていること、
どこまで自然からの危険サインがでなければ気づかないのかな・・・
と思ってしまったりしています。
Commented by Sippo5655 at 2014-09-27 22:50
最も進化した生き物が、最も愚鈍。
人間は、お金というものを持った時点で
進むべき方向を見失った。
いずれ・・・道端の雑草に負ける日が来る
このままでは。
P☆
Commented by bashlinx at 2014-09-28 22:11
suzu-clairさん 本当に危険レベルが危機レベルまであがらないと気付かないのでは困るんですけどねぇ
Commented by bashlinx at 2014-09-28 22:12
Sippoさん 今一番恐ろしいのが無関心です 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

風の部族の物語


by Bash
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31