Wind Tribe Story

bashlinx.exblog.jp ブログトップ

むかし、私たちは

a0059621_2249245.jpg

木は人のようにそこに立っていた
言葉もなくまっすぐ立っていた
立ちつくす人のように
森の木々のざわめきから
遠く離れて
きれいなバターミルク色した空の下に
波立てて
小石を蹴って
暗い淵をのこして
曲がりながら流れてくる
大きな川のほとりに
もうどこにも秋の鳥たちがいなくなった
収穫のあとの季節のなかに
物語の家族のように
母のように一本の木は
父のようにもう一本の木は
子どもたちのように小さな木は
どこかに未来を探しているかのように
遠くを見霽かして
凛とした空気のなかに
みじろぎもせず立っていた
私たちはすっかり忘れているのだ
むかし、私たちは木だったのだ

「人はかつて樹だった」 長田 弘 みすず書房
撮影地:北海道 美瑛
[PR]
by bashlinx | 2010-12-14 23:03 | Tree | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://bashlinx.exblog.jp/tb/11718388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きヨ at 2010-12-15 06:39 x
FXフォーマットで24mmですかー。
かっこいいです。
木ってこんなにかっこいいんですねぇ~♪
Commented by izayoi_forest at 2010-12-15 07:53
樹だったんですねぇ^^* だから こんなに親しく感じるんだ♪
はじめて彼の詩に触れたとき そう思ったなぁ^^

この乳白色の繊細さ 知的な端整さ 
Bashさんのひとつの面が 如実に顕れてる 気がする☆

橇の音が ほら 聴こえてきますね♪
Commented by bashlinx at 2010-12-15 07:56
きヨさん 冬は樹形が見えるから面白いです^^
Commented by bashlinx at 2010-12-15 07:59
吟遊詩人さん 長田さんの詩は身体に染み込むんですよ 音読すると特に感じますね^^
Commented by ホワイトノート at 2010-12-15 15:05 x
身体に染み込んで・・・
柔らかい言葉でそっと入ってくる、Bashさんの写真も静かに、雪がふるみたいにしんしんとはいってきますね。
Commented by bashlinx at 2010-12-15 16:31
ありがとうございます(^人^)冷えすぎ注意\(^^:;)
Commented by you-atuy at 2010-12-15 17:21
雪は時に冷たくて厳しいですが、このお写真の森は
とってもやさしくてやわらかいですね~♪
Commented by bashlinx at 2010-12-15 18:05
雪の森が好きなんですよ^^
Commented by Sippo5655 at 2010-12-15 22:00
こんばんは!
灌漑深い、お写真と詩ですね・・!
雪化粧が、神々しいほどの美しさですね。
そして、木が本当に人に見えてきます。
・・・いえ、もっと、神聖なる、神様のよう。
この詩が本当に訴えたいこと
しみじみと、感じ入りました。
前ポチw☆
Commented by bashlinx at 2010-12-15 23:43
是非長田さんの詩読んでみてください^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

風の部族の物語


by Bash
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31