Wind Tribe Story

bashlinx.exblog.jp ブログトップ

森の話

a0059621_22554330.jpg

昔日本では森や山には神様が住んでいると考えられてきた  田畑と山との界の入口に「山の口」としてその場を奉り その奥にいる神々をその口にて祭る そして山は水の根源として祈りを捧げる(「山々より落ち来る水を 甘水と受けて 悪しき風 荒き水にあわないように」広瀬大忌祭りより) また自分たちが開墾した田畑のなかに森の1部をそのまま残し 神様がお休みになる場所として不可侵領域ともしてきた(奈良では「ヤスンバ」とよんでいたそうだ)
我々は自分たちの利便性や利潤のみを追求してきたために 乱開発の連続で多くの山や森を破壊してきた 今更プリミティブな生活に戻りましょうと言っているのではないのだが 昔の人たちの知恵に学ぶことは多くあると思う 森は生態系を養い、川を豊かにする 森によって豊かになった川は海へと流れ込み 海を豊かにする そして海からわき上がる雨雲によって森は豊かになる ターニングポイントはすでに過ぎ去っている 我々が7世代先まで本当の意味での豊かな自然を残せるか 熟考しなくてはならない
奇しくもEarthDayが今週末にくる 母なる大地とどう歩んでいくかを考える日だ エコなんて言葉に踊らされないで多くの人が真摯に向き合うきっかけになれば良いと思う



Monday Michiru - Heal

[PR]
by bashlinx | 2010-04-13 23:42 | In the Forest | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://bashlinx.exblog.jp/tb/10410936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きヨ at 2010-04-14 00:14 x
私は山に入ると、言葉にならない何か漲ってくるものを感じます。
生命的というか、ある種のエロスに近いといえば近い感覚です。
生きる力を注入されたような感覚です。

現代ではそういった「感じる」体験そのものがなかなかできないこともあって、大地のことを思わなくなってしまったのかもしれませんね。
まずは山に入ることから、そして神経を澄ませて大地を感じることから始めるのがよいのでしょう。
Commented by naturea at 2010-04-14 00:15
久しぶりのコメントです。
まさにその通り。
Commented by PiyoPiyo at 2010-04-14 00:23 x
Bashさん
何気なさが素敵ですゥ~(*^_^*)



Commented by thrash at 2010-04-14 00:35 x
森に精気をもらいたい、ふとそんなことを思いました。
まあもらってばかりじゃダメなんですけどね。
Commented by chankasgarden at 2010-04-14 07:30
「森は生きている」「川は生きている」の本を
今も大事にしています。
自然に勝るものはないですよね。
一度破壊したら人間の手では再生できないものです。
Commented by minstrel1209 at 2010-04-14 09:03
ヤスンバ 都祁の邑で出逢いましたょ^^*
カンナビからの まっすぐなライン上に いくつか
まるで 神さまの足あとみたいだった。。
まほろばの神さまは 巨人だな~って
そのとき ふっと感じたんです^^*

花は葉に卑弥呼の髪のあかるくて

Commented by bashlinx at 2010-04-14 09:13
きヨさん まだ僕らが子供のころはよかったんだと思います 今の子は公園に行かなければ土に触れない 僕らが出来ることはまだまだあるはず…そのためにはまず感覚を取り戻さなきゃいけない
Commented by bashlinx at 2010-04-14 09:15
春さん 私も自然の写真を撮るようになってから このままではいけないと思うようになりました
Commented by bashlinx at 2010-04-14 09:16
PiyoPiyoさん アハハ ありがとうございます(^人^)
Commented by bashlinx at 2010-04-14 09:17
thrashさん そうなんですよね 出来ること片っ端からやっていくしかないかと…
Commented by bashlinx at 2010-04-14 09:20
chancasgardenさん 再生はできませんが 修復もしくは改善ならできます 破壊の進行を止めるのはもはや義務でしょうね
Commented by travelster at 2010-04-14 09:21
自然に触れずにエコを語る無かれ。。。ですねぇ。
Commented by bashlinx at 2010-04-14 09:23
吟遊詩人さん 田畑のなかになんで雜木林があるのか不思議だったんですよ^^;昔の方は自然との付き合い方を捉えてたんでしょうね
Commented by bashlinx at 2010-04-14 09:25
トラさん 金儲け主義のエコなんてありえないと思うわけです
Commented by you-atuy at 2010-04-14 10:49
横浜の大学のおじいちゃん先生だったかな・・日本でもアマゾンでも
その土地に生えている木を地域の方たちと植樹して森を育てる活動を
されている方がいらっしゃいますね^^
ニセコも自然が豊かなんて言っているけれど、オージーバブルの影響で
山に行くとあっちここっちも森の木を切り倒しています。
まずは今ある森で学べること・・・ちょっと考えてみようと思ってます・・・
Commented by yukanha at 2010-04-14 12:39 x
緑多い山奥から出てきた田舎者はコンクリートだらけの街に来るまで育ったその緑が当たり前だと思ってました。
どれだけ自分に恵みを与えていたか気が付かなかった。
コンクリートの街で育った人は体験しなければ、そして感じようとしないと気づく事は難しいのかもしれない。
珊瑚の白化も見て初めて実感する。
大雨の後、切崩した山から川へそして海へ。たくさんの生物たちが一気に失われる事も・・・そこにいたはずの生物たちがいなくなって実感する。
人間はなんてことをしているんだろう・・・と。そして人間である自分を恥じる。
実感することができれば、そして個々の思いが小さなことでも繋がれば・・・と感じた。私でもできる事あるね。
Thank you!今の自分がちっぽけだなぁ~と感じたヨ。長くなっちゃった(^^;
Commented by bashlinx at 2010-04-14 16:14
you-atuyさん その土地の在来種以外のものは植えるべきではない しかし完全に破壊された(人工の杉林のように)土地の再生はどうすべきか 難しいところですね
Commented by bashlinx at 2010-04-14 16:17
yukanha 遊んでた森林が破壊されるとやるせなくなるさ やれるところから始めればいい
Commented by ricora-s at 2010-04-15 00:06
今の世の中、あっさりと山を切り崩してますよね・・・。
人にとって、自然って大切なものなのに。
今でも、疲れると自然を求めます。
Commented by bashlinx at 2010-04-15 12:58
埋め立てのために山をいまだにつぶそうとする考え方が理解不能ですね…山だけじゃなく護岸といってテトラポッドをばらまくのもどうかと…あまり意味がないらしいですよ…^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

風の部族の物語


by Bash
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30